医学部 臨床医学再生医療学Regenerative Medicine

JapaneseEnglish

再生医療学_トップページ画像

2015年4月より再生医療センターが設置され,2016年7月に再生医療学講座が開設された。金沢医科大学の中期計画の一つとして「再生・細胞治療の推進」に沿った事業計画が遂行されている。再生医療センターでは,GCTPに従った細胞製造および品質管理を通じて,再生医療,移植医療,遺伝子治療,がん治療等の領域に関わる細胞医療の技術開発や臨床研究を行うとともに,先端医療を行う診療施設として業務を行っている。専門診療科と連携し,がん樹状細胞ワクチン療法の安全性および有効性を評価するためのエビデンスの集積に努めている。再生医療等の技術は,再生医療等の安全性の確保等に関する法律に適合した届出(許可)が必要であり,抗がん剤および放射線治療と最適化した治療法を確立することを目標としている。また,先進医療制度における多施設共同第Ⅱ相臨床試験を推進しており,こうした治療技術の開発は個別医療に貢献できる。再生医療学では,再生医療,細胞治療を専門とする人材育成に貢献していくことを目指している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8304(内線5256) +81-76-218-8304 / FAX: 076-218-8364 +81-76-218-8364 / Email: regenerative@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

(講座主任)教授

  • 下平 滋隆

助教

  • 小屋 照継

主な研究業績

部門別研究業績

  • Yanagisawa R, Koizumi T, Koya T, Sano K, Koido S, Nagai K, Kobayashi M, Okamoto M, Sugiyama H, Shimodaira S. WT1-pulsed dendritic cell vaccine combined with chemotherapy for resected pancreatic cancer in a phase I study. Anticancer Res 38(4): 2217-2225, 2018.
  • 1. Hirabayashi K, Yanagisawa R, Saito S, Higuchi Y, Koya T, Sano K, Koido S, Okamoto M, Sugiyama H, Nakazawa Y, Shimodaira S. Feasibility and immune response of WT1 peptide vaccination in combination with OK-432 for paediatric solid tumors. Anticancer Res 38(4): 2227-2234, 2018.
  • Koya T, Yanagisawa R, Higuchi Y, Sano K, Shimodaira S. Interferon-ɑ-inducible dendritic cells matured with OK-432 exhibit TRAIL and Fas ligand pathway-mediated killer activity. Sci Rep. 7:42145. 2017.
  • Takahashi H, Shimodaira S, Ogasawara M, Ota S, Kobayashi M, Abe H, Morita Y, Nagai K, Tsujitani S, Okamoto M, Suzuki Y, Nakanishi Y, Yonemitsu Y; DC Vaccine Study Group at the Japanese Society of Immunotherapy and Cell Therapy. Lung adenocarcinoma may be a more susceptive subtype to a dendritic cell-based cancer vaccine than other subtypes of non-small cell lung cancers: a multicenter retrospective analysis. Cancer Immunol Immunother. 65(9):1099-111, 2016.
  • 5. Shimodaira S, Sano K, Hirabayashi K, Koya T, Higuchi Y, Mizuno Y, Yamaoka N, Yuzawa M, Kobayashi T, Ito K, Koizumi T. Dendritic cell-based adjuvant vaccination targeting Wilms’ tumor1 in patients with advanced colorectal cancer. Vaccines. 3(4): 1004-1018, 2015.

主な外部研究資金

  • 2017年度-2021年度, 生理学的データ統合システムの構築による生体埋込型・装着型デバイス開発基盤の創出. 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA), 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST): 領域統括 齋藤 直人(信州大学): 生体埋込型・装着型デバイス共創コンソーシアム, 研究開発課題5代表者: 下平 滋隆
  • 2015‐2017年度, 科学研究費補助金(基盤C):膵臓癌とその微小環境分子群との相互作用による腫瘍免疫システムへの包括的影響の解明 長井一浩,黒木保,岡本正人,下平滋隆
  • 2014‐2015年度, 国立研究開発法人科学振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP.がんワクチン製造手法の確立-高品質で低コストが実現できる培養システム 研究責任者 下平滋隆
  • 2012‐2014年度, 科学研究費補助金(基盤C):形質細胞様キラー樹状細胞の製造技術に関する研究 下平滋隆
  • 2014‐2015年度, G-CSF を用いた樹状細胞の調製方法(下平 滋隆), 2015‐2016年度 IFN を用いた樹状細胞の調製方法(下平 滋隆) 国立研究開発法人科学振興機構: 知財活用支援事業 大学等知財基盤強化支援(権利化支援).